読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼菓子日和

「わかったさん」に憧れて・・・10歳から始めたお菓子作り。自分で作るお菓子も、世界中に溢れる魅力的なお菓子も大好き。

くるみゆべしを作る

和菓子 手作り 自家製 スイーツ

f:id:sherwoodgreen-robin:20161012220608j:image

 

子どもの頃からの好物、くるみゆべし。

東北系の、あまじょっぱいやつです。

 

料理家のなかしましほさんが紹介していたレシピで、最近作ってみています。

 

簡単に作れて美味しいです。

和菓子って難しくて、時間も手間もかかるイメージでしたが、これは20分くらいでできてしまいます。

 

レシピは、ほぼ日の「小さなレシピを1ダース」に公開されています。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 帰ってきた! ちいさなレシピを1ダース。

 

黒砂糖を、塊のタイプを買ったらなかなか溶けなくて苦労したので、次からは粉末タイプを買おうと思います。

 

なかしましほさんのレシピは、家にあるものや簡単に手に入る材料で作れるレシピが多いのでとても楽です。

 

「わざわざ材料を探しに行かなくても作れること」が私のお菓子作りのテーマなので、とても相性が良いのです。

Addict au Sucre アディクトオシュクルのケーキ

洋菓子 スイーツ ケーキ タルト ムース 東京スイーツ

今いちばん好きなケーキ屋さん。

パティスリー アディクト オ シュクルのタルトとムース。

ちょっとしたご褒美に買ってきました。

 

 

f:id:sherwoodgreen-robin:20161010123124j:image

タルト オ フリュイ

 

フルーツタルト。生地はアーモンドケーキかな?

季節のフルーツがのっています。

 

f:id:sherwoodgreen-robin:20161010123144j:image

スープ プラリネ シトロン

 

とろとろムース。

ナッツの風味が豊かで、プラリネ好きにはたまらないお味。

そこにふわっと柑橘の香りと酸味が入ってきて、後味爽やか。

 

シェフは石井英美さんという女性。

最近は伊勢丹新宿店のマ・パティスリーにもたびたび出店していらして、これからどんどん注目される予感…です。

楽しみ。

 

公式ホームページ無いなーと思っていたら、最近できたようです。

アディクト オ シュクル(Addict au Scre) | 都立大学のパティスリー

お店の雰囲気そのままの優しい感じ。

原点

スイーツ わかったさん

小学生の頃、「わかったさんのクッキー」という本を夢中で読みました。

 

 クリーニング屋さんのわかったさんが、洗濯物に入っていた鍵を返しに行こうとして迷い込んだ不思議な世界で、美味しいお菓子を作る物語。

 

可愛らしいエプロンをした鍵が、わかったさんにお菓子作りのカギを教えてくれるのです。

 

粉を正確に計って、オーブンを温めて…物語がお菓子作りのレシピになっていて、読みながらお菓子の作り方を覚えることができます。

 

あまーいお砂糖、とろけるバター、鮮やかなドレンチェリー…わくわくしながら読んだのを覚えています。

 

 

この本が、私のお菓子作りの原点です。

 

 

わかったさんのクッキー (わかったさんのおかしシリーズ)

わかったさんのクッキー (わかったさんのおかしシリーズ)